【告白の仕方 男】セリフや言葉とタイミングを解説

「気になるあの子に告白したい!でも失敗するのが怖い…。」と悩んでいませんか?

実は、好きな子への告白を成功させる方法があります。

それは、告白する場所やタイミング、セリフを工夫することです。

なぜなら女の子は告白の時のシチュエーションや言葉に胸がときめくからです。
特に、甘酸っぱい恋愛をしたい女の子はキュンキュンするセリフや言葉にどきっとします。

この記事では、男性が好きな子を振り向かせる告白の仕方を教えます。

これを読むことで、少しの工夫で好きな子と付き合うことができます。

結論は、告白するシチュエーションや言葉を女性がキュンとくるものにすることです。

それだけで、好きな子を振り向かせることができます。

【告白の仕方 男】セリフや言葉

言葉はシンプルかつストレートに

例「好きです。付き合ってください。」

女性は曖昧な表現や態度よりも「私のことが本当に好きなんだ」とはっきりわかるセリフや言葉にキュンとします。

王道ではありますが、女性はこのようにシンプルな言葉にドキリとするものです。

女性は男性から告白してほしいと思っている方が多いです。

したがって、このようにはっきり自分の口から気持ちを伝えてくれることを求めています。 
また、「付き合ってください」という言葉を聞くことで、今後どういう関係性になっていきたいかがわかります。

「好きです」だけでは気持ちを伝えるだけであり、「じゃあこれからどうなっていくの?」と女性は困惑してしまいます。

長く思いを秘めている相手に気持ちを伝える時は…。

例「ずっと気になっていました。俺と付き合ってください。」

相手と出会ってから日は経っているけれど、距離が遠いもしくは話したことがない、という方はこのようなセリフがおすすめです。

「ずっと気になっていた」という言葉から、相手のことを長期間好きであるということが伝わります。

自分のことを長く好きでいてくれたということは男女問わず嬉しいものです。 長く思いを秘めている相手がいる方はこの言葉を使いましょう。 

また、「ずっと気になっていてようやく告白ができた」「今まで言えなかったけれど勇気を出して告白した」というような気持ちが伝わってきます。

女性はそのようないじらしさやひたむきさにときめきます。

相手のどこが好きなのかをはっきりと伝える

相手に対して、どこが好きなのかをはっきりと言葉にして伝えましょう。

そうすることで、男性に対する女性の好感度が上がります。

自分のことを褒めてくれる相手を嫌いな女性はいません。

特にずっと仲が良い異性の友達から、「○○なところが大好き。」と伝えられると、女性は嬉しいものです。

友達から一気に恋愛対象として見てもらえるようになるでしょう。

日頃は恥ずかしくて相手に言えなかったとしても、告白するときは勇気を出してはっきり伝えることが大切です。

地方男子は方言を使ったセリフがおすすめ

地方男性の方々は、ぜひ方言を使って女性をキュンとさせましょう。

特に標準語を話す関東住みの女性は方言に弱いです。

普段あまり聞かない話し方で、あまり言われない告白をされれば、ときめきも2倍です。

筆者もよく、友人から方言で告白されたということを自慢されることがあります。

方言がある男性の方々はそれを強みにしましょう。 

同じ地元でずっと仲が良い友達関係の方にもおすすめです。

いつも通りの、ありのままの姿で告白することで、女性も返事をしやすくなります。 

【告白の仕方 男】高校生

高校生の告白は、合って直接が1番

SNSが普及した現代では、LINEやInstagramで告白をしようと考える人もいるかもしれません。

しかし、「告白は直接口で言ってほしい」と考えている女性は多いです。

それは、SNSよりも直接言葉で言われた方が、真剣さや本気で好きだということが伝わりやすいからです。

勇気を出して告白をしてくれたという事実に女性はときめきます。

告白は緊張するかもしれませんが、好きな子を振り向かせるために、直接言葉で気持ちを伝えましょう。

イベントの後の告白で相手をキュンとさせる

高校生には、文化祭、体育祭と社会人にはないイベントがありますよね。

イベントでは、みんなで協力して達成することで、好きな子とも一気に仲良くなることができます。

また、女性は男性が一生懸命何かに取り組む様子を見てかっこいいと感じることが多いです。

特に体育祭には「コートマジック」というものがあります。

「コートマジック」とは、普段はかっこいいと思わない相手のスポーツをしている姿を見て、胸がときめくことです。

普段はあまり話せないけれどずっと思いを秘めている相手がいる場合は、イベントを利用して相手をキュンとさせましょう。

放課後の教室を使って青春を…。

放課後の教室も学生にしか使えない特権です。

恋愛漫画や少女漫画でも、告白場面で放課後がよく使われています。

王道のシチュエーションですが、女性はそのような青春の1ページを望んでいます。

昼間はがやがやと騒がしい教室で放課後に2人きりという状況は、女性の気持ちがより高まります。

また、学校で告白されるということは、高校生活の中で1番の思い出となります。

相手の気持ちを高めることができれば、告白が成功する確率もぐっと上がるでしょう。

告白のセリフに「一生」はNG!

「ずっと」という言葉はいいけれど、「一生」という言葉は控えたほうがいいでしょう。

「一生」という永遠を感じさせる言葉は重いため、逆に信憑性がありません。

「他の誰にでも言っているのかも」と女性は思ってしまいます。

本当に一生一緒にいたいという気持ちがあり、どうしてもその気持ちを伝えたい方は、「ずっと」という言葉に置き換えましょう。

言葉を少し変えることで、相手の感じ方も変わります。

【告白の仕方 男】タイミング

告白は相手の気持ちがこちらに向いてから

告白をするタイミングは、相手がこちらに好意を向いている時がチャンスです。

どんなに慎重にセリフや言葉、場所を選んで真剣な気持ちを伝えとしても、タイミングや時期を間違えると相手の好感度を下げてしまいます。

相手の気持ちがこちらに向いているとわかる行動は主に2つです。

・LINEやInstagramなどのSNSの返信が早い
・恋愛感情を探ってくる

女性は興味のない異性に対して、メッセージを早く返すことはありません。

「もっと話したい」と感じる相手に対して、返信が早くなるのです。

また、話している時に、「好きな人はいる?」や「好きなタイプは?」とこちらの恋愛感情を探っている時は脈アリと考えられるでしょう。

迷った時は3回目のデートで

「告白するタイミングがわからない」「成功する時期はいつ?」と迷う方は、3回目のデートで告白しましょう。

初回のデートで告白をすると、「本当に自分のことが好きなのか?」と女性は疑います。

2回目のデートでの告白も、「少し早くないか」と女性は思います。

したがって、3回目のデートで告白をしましょう。

また、デートの誘いを1回や2回ではなく3回受けてくれる女性は、こちらに対して好意を向けている可能性が高いです。

そのため、告白の成功率が格段に上がります。

男性が女性に告白する時期は出会って3ヶ月が多い

男性から女性に告白をするときは、出会って3ヶ月が多いといわれています。

告白までの期間を長くしすぎると、関係性が曖昧になったり気持ちを伝えづらくなったりするため、あまり引き延ばさないようにしましょう。

長く一緒にいる異性は次第に恋愛対象として見られなくなってしまいます。

したがって、恋愛対象として見られている間に告白をするのがベストです。

また、女性は出会ってから数ヶ月で男性のことが好きかどうか、付き合いたいと思うかどうかを考えます。

3ヶ月の間に、女性から脈アリの行動が見られれば、告白が成功する確率は高いです。

夕方から夜にかけての告白がベスト

女性はロマンチックなものを求めます。

ロマンチックといえば夜、また学生の方は夜が難しいため、夕方をおすすめします。

夜に告白をする際は、いきなり夜に相手を呼び出すのではなく、デートの終盤で気持ちを伝えましょう。

デートで自分の魅力を相手に知ってもらい、最後に告白をする方が多いです。

またデートの中で告白を期待している女性もいるため、ドキドキが最高潮になります。

したがって、夕方から夜にかけてのロマンチックなシチュエーションで告白をしましょう。

【告白の仕方 男】注意点

「付き合って」まで忘れずに伝える

告白のセリフには、しっかり「付き合ってほしい」という言葉を入れましょう。
女性に対して、自分は何を望んでいるか、またどうなりたいかということをはっきりと伝えることが大切です。

よくあるのは、「付き合ってほしい」という気持ちを伝えなかったがために、すれ違いが起こることです。 

男性側が付き合ってるつもりでも、女性はそのつもりがなかったというすれ違いにより、その後の関係が気まずくなってしまう可能性があります。

女性を困惑させないために、「付き合ってほしい」という言葉を忘れずに使いましょう。

緊張せずに平常心で

告白を経験したの中には、「緊張するがあまりに、気持ちをうまく伝えられなかった」「相手に引かれてしまった」という男性もいます。

告白をする時はできる限り落ち着いて、平常心を心がけましょう。

緊張しすぎてどうしても言葉で直接伝えることが出来ない方は、SNSや電話を使ってみましょう。

顔を見て告白することが1番ですが、大切なことは相手に気持ちを真っ直ぐに伝えることです。

自分が緊張せずに伝えられる方法を選んで、相手のことが好きだということを伝えましょう。

告白は2人きりになれる場所を選ぶ

告白は必ず2人きりになれる場所で行いましょう。

大勢の人がいる場所では、相手が告白に集中できません。

また、「こんなところで告白をするの?」と女性が引いてしまいます。

告白は一生記憶に残るものなので、雰囲気やシチュエーションを考えることが大切です。

誰かに見られるかもしれない時間も控えましょう。

高校生同士の恋愛の場合や社内恋愛の場合、誰かに聞かれてしまうとその後の生活に支障をきたしてしまいます。

特に誰にも見られたくないと強く思っている女性の場合は、誰かの目がある場所は嫌がるでしょう。

相手の気持ちを考えて、告白をする場所を選ぶことがベストです。

相手の状況を考える

告白するタイミングを選ぶ時は、デートの回数や出会った月日よりもまず、相手に余裕がある状況だということが大切です。

相手に何か不幸なことが起こっている時や、相手が勉強や部活、仕事に打ち込みたいと思っている時は避けましょう。

そのような時に告白をしても、告白の成功率が下がるだけです。

相手のことを全く考えていない行動は、女性に引かれてしまいます。

相手に余裕ができるのを待ってから、告白をしましょう。

告白の返事を催促しない

相手に気持ちを伝えることができた後、告白の返事が気になってしまうのは仕方ありません。

しかし、返事を催促するようなことを言うのは控えましょう。

相手はこちらのことを思って、告白の返事を考えているに違いありません。

それなのに、催促をしてしまうと相手の気持ちを焦らせたり、好感度を下げてしまったりする可能性があります。

返事が気になる気持ちを抑えて、「ゆっくり考えて」と相手に伝えましょう。

そうすれば、相手はあなたのことを心が広い人と感じるでしょう。

【告白の仕方 男】失敗

上から目線のセリフはNG

俺様系という言葉がありますが、実際に告白をする時に上から目線のセリフを使ってしまうと、女性は引いてしまいます。

たとえ好きだった相手に告白をされた状況でも、上から目線で言われれば、冷めてしまうでしょう。

少女漫画ではよくみますが、現実では求められていないことが多いので気をつけなければなりません。

相手に気持ちを伝える時は、上からではなく対等な言葉を使うことが大切です。

良い例:「好きです。よかったら俺と付き合って下さい。」
悪い例:「俺と付き合えよ。」

冗談めかしたセリフやシチュエーションはNG

冗談っぽく面白半分で言ったようなセリフは好ましくありません。

女性に本気にされないことはもちろんですが、もしも相手がこちらに好意を向けている場合、女性を傷つけてしまうことになります。

なぜなら「私は本気で好きなのに、この人は冗談でこんなこと言っちゃうんだ。」と女性は思うからです。

また軽い言葉で告白をしてしまうと、その後に真剣に告白をしても、女性に信じてもらえません。

いくら仲が良い友達でも、冗談めかして告白をするのは控えましょう。

良い例:「大好きです。君の彼氏にしてくれませんか?」
悪い例:「好きかも。付き合っちゃう?」

かっこつけたセリフや行動はNG

かっこいい男性は好まれますが、かっこつけすぎると返ってマイナスのイメージを与えてしまいます。

大人の男性、男子高校生はそれぞれの魅力があります。

したがって、男子高校生が無理をして大人のように振る舞ってしまうと、逆にかっこ悪いと思われてしまいます。

その逆もしかりです。

告白をする時は、かっこいいことよりも相手の気持ちにどれだけ寄り添っているかが大切です。

女性は、「私のことを考えてくれている」と伝わった時に嬉しいと感じます。

無理をしない範囲でかっこよく、相手のことを考えて告白をしましょう。

長文や回りくどい言葉は控えて

告白をする時に、好きな子への思いが強すぎて長文になってしまう方もいるかもしれません。

しかしそれは逆効果です。

女性は急に男性から長文が送られてくると、ほとんどの方が引いてしまいます。

告白をされた喜びよりも、長文だという驚きの気持ちが勝ってしまうでしょう。

また、回りくどい言い方もNGです。

女性は好意をはっきりとした言葉で伝えてほしいと思っています。
したがって、回りくどい言葉は相手を不安な気持ちにさせてしまいます。

最初に言った通り、告白をする時はストレートにシンプルな言葉で伝えましょう。

タイミングが早すぎる告白は失敗する

告白をするタイミングが早すぎると、失敗してしまいます。
女性の気持ちがこちらに向いていないでしょうし、向いていたとしても「早すぎる」と相手に思われてしまいます。

相手のことが好きで誰にもとられたくないと思う気持ちもわかります。

しかし、だからこそ慎重に告白をするタイミングを選びましょう。

そして、女性に好きになってもらえるよう行動していきましょう。

【告白の仕方 男】まとめ

大切な思いを伝える告白に正解も間違いもありませんが、この記事で紹介した方法を利用することで、告白の成功率は格段に上がります。

女性の心を振り向かせる男性は、「相手のことを深く考える」ことができる男性です。

したがって、告白をする際にも相手の気持ちを考えて、言葉やセリフ、タイミングを選ぶことが大切なのです。

好きな子と確実に付き合うために、これまで述べてきたことを心にとどめておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました