料理

料理



お料理のこだわり

    • 料理長
    • 料理は素材を選ぶところから始まります。素材選びの基本は旬。おめでたい食材という婚礼料理の枠にはこだわらず、素材の一番美味しい時期と状態を大切に選びます。ブランシェリのメニューが披露宴の直前でないと決まらないのは、この素材選びを大切にしているからこそ。

      さらに、その素材の味や魅力を最大限に引き出すために、素材に意識を集中させます。例えば、魚に塩などを加える際には頭部・尾部、食材の厚みにも気を配ります。それは、すべての人に最高の料理を楽しんでいただくため。

      また、ゲストとして口にすることを常に考えたメニューであること、パーティの雰囲気を大切にした料理であることも重要です。そうすることによって、料理だけでなく、パーティも華やぎます。

料理とパーティのハーモニー

      • 食材選びから仕込みまで、時間をかけて準備される料理。そのメニューはシェフ・プロデュースではなく、シェフ自ら腕をふるい、ひと品一品手間を惜しまず最高の味へと仕上げていきます。それは、おふたりの人生の特別な日にふさわしい料理をゲストの皆さまへ演出するため。

        ゲストの皆さまに振る舞われる料理は、すべてパーティ会場に併設されたキッチンで創られます。

        パーティではゲストの皆さまのお話のタイミングによって、料理の提供時間が微妙に変わる場合があります。シェフは会場の様子をチェックしながら、料理を作り上げて運ぶベストなタイミングを図ります。そして料理は出来立てという最高の状態でゲストの皆さまのテーブルに運ばれます。

        冷たいものは冷たいうちに、温かいものは温かいうちに、最高の料理を楽しんでいただくためのこだわりの一つです。

        おふたりにとって大切なゲストの皆さまが集まる日、少人数の会食会やアレルギーの方に特別料理のご用意もございます。

      • 料理長