聖ラファエル教会 > ブログ > 結婚指輪

結婚指輪

 

みなさん こんにちはヾ( ^ω^)ノ

本日もご覧頂き、ありがとうございます!

 

今日は久しぶりの雨でしたね。雨はやっぱり気分が少し下がります・・・

四国地方・中国地方・近畿地方は今日から梅雨入りしたそうです!

そろそろ東海地方も梅雨入りしそうですね~(´・ω・`)

気温の変化が激しいのでみなさま体調にはお気をつけて下さい!

 

 

本日のブログのお題は『結婚指輪』についてお話させて頂きます❤

結婚指輪 

 

 

 

 

 

 

結婚指輪は 左手の薬指 につけるものですが、いざ調べてみるとしっかりと意味があり、

初めて知ることが多くありました!ですので、みなさまにもご紹介を(丿^ω^ヽ)

 

 

✿結婚指輪の由来とは?

結婚指輪は古代ローマ時代にあたる9世紀から始まった習慣であると言われています。

当時のローマ教皇が、約束事を誓約するしるしである鉄の輪を結婚の誓いとして使い始めたのが最初です。

 

✿結婚指輪がもつ意味

結婚式の時に新郎新婦が指輪を交換するのは、夫婦として歩んでいく誓いを形に表すということ。

丸い結婚指輪は『永遠に途切れることのない愛情』を象徴するものとされています。

また指輪を常に身に付けることで相手の存在を強く感じることが出来る意味合いがあります。

夫婦の絆を深め、愛が続くようにと祈りが込められているのが結婚指輪です。

 

✿結婚指輪といえば薬指!

結婚指輪は左手の薬指にはめることが一般的ですが、その訳はギリシャ神話に由来があると言われています。

古代ギリシャでは心臓は人間の感情を司る場所だとされており、

左手の薬指は心臓に繋がる血管があると信じられてました。

ハートに繋がる左手に指輪をはめることで相手の心を掴み、

結婚の誓いをより強いものにするという意味があります。

 

✿指輪をはめる指に込められた意味

指輪は、はめる指によって意味が違います。

左右10本の指全てに異なる意味が込められているので、ご紹介させて頂きます.+゚ヽ(`・ω・´)ノ.+゚

 

《親指》

右手:権威や責任が得られる・指導力を持つ

左手:信念や愛を貫く・自分の思いを実現させる

 

《人差し指》

右手:集中力や行動力を高める

左手:積極的に行動できる力を高める・精神的な安定

 

《中指》

右手:行動力を高める・邪悪なものから身を守る

左手:協調性を高める・直感を高める

 

《薬指》

右手:精神的な安定・恋愛成就

左手:愛の絆を深める・願いを実現する

 

《小指》

右手:困難を乗り越える・自分の魅力を発揮する

左手:心願成就・恋のチャンスを掴む

 

という意味がそれぞれ込められているそうです☆彡

 

 

本日は結婚指輪についてみなさま知って頂けたでしょうか?

少しでも結婚に関する事を知って頂けるようにこれからも色々ご紹介させて頂きますね♪

眺め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*******************

岐阜県中津川市茄子川112-642

聖ラファエル教会

ヴィラージュ・ドゥ・ブランシェリ

営業時間:午前10時~午後7時

☎:0573-68-7510  定休日:月曜日

*******************