聖ラファエル教会 > ブログ > 祝婚歌

祝婚歌

***************************************
祝婚歌(しゅくこんか)

吉野 弘

二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派過ぎないほうがいい
立派過ぎることは
長持ちしないことだと
気づいているほうがいい
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだと
うそぶいているほうがいい
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には 色目を使わず
ゆったり ゆたかに
光を浴びているほうがいい
健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい
そして なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても 二人には
わかるのであってほしい

***************************************

みなさん、こんにちは!
季節は、すっかり暖かくなってはいますが、
 なぜか、下呂温泉に最近ハマっている結婚式場 聖ラファエル教会のYAEEです!!

 

「祝婚歌」この歌は、
先日の結婚式で、ゲストの方が朗読された歌です。
なんだか、穏やかで素敵ですよね!

 

乾杯「の写真

 

 

 

 

 

 

 

こんな日々を過ごすのは、容易ではなさそうだけれど…
二人で過ごしていくうちに、なぜか、いつかこうなっていくのかもしれない…

こんなふうに、今回の結婚式で感じました。

 

 

 

作者の吉野 弘さんは、この歌を民謡と同じで知らぬ間に

広がって伝わっていったら…とも言われているそうです。

 

 

ご結婚されるお二人 へ
そして、ご結婚されたお二人 へ
これからも、ずっとずっと一緒にいるお二人 へ

伝えたい歌だなぁと感じました!

聖ラファエル教会のテラスから見た青空

 

 

 

 

 

 

 

 

柔らかな優しい気持ちになれるこの歌が、
私もこれから、宝物になりそうです。

ブログ..2

 

 

 

 

 

 

 

恵那峡の緑の木々も、初夏の装いになりつつあります!
恵那峡からみえる聖ラファエル教会

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても、素敵なロケーションを 是非、ご見学にいらしてください!