聖ラファエル教会 > ブログ > リングについて、、☆

リングについて、、☆

皆さん こんにちは。

 

早いもので2017年になり一カ月が過ぎようとしていますね。

個人的にとても早く感じます(;´Д`)

 

突然ですが、今日はブライダルリングについてお話ししたいと思います。

ブライダルリングには、婚約指輪のエンゲージリングと結婚指輪のマリッジリングがあります。

0036_R_1500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知っている方も多いと思いますが、

婚約指輪は婚約時に男性から女性へ贈るリングで、

歴史は古く、約二千年前ローマ時代から始まったと言われているそうです。

デザインとしてはダイアモンドが中央に留められたものが一般的で、

結婚の幸せを実感できる特別なリングともされています。


結婚指輪は結婚後におふたりで身に着けるリングとされ、

永遠のシンボルであるリングをお互いに贈りあうことで、

永遠の愛を誓う約束の指輪とされています。

歴史としては、実は婚約指輪より後の中世以降に「結婚の印」として

交換されるようになったといわれているそうです。

当時のデザインはシンプルな「円」で、その「円」には途切れることのない

永遠と循環のシンボルがあり、ふたりの愛を守る神秘的な力があると

信じられていたためだそうです。

 

またブライダルリングを左手の薬指につける事が知られていると思いますが、左手には

「服従・信頼」と言う意味があり、古代ギリシャ神話では、薬指には特別な血管が通っていて

心臓と直接つながっていると信じられていました。

永遠の誓いとして、その神聖な薬指に婚約指輪をはめるようになった

というのが最も有名な由来だそうです。

他にも、左手の薬指は10本の指の中で一番動きが少なく、

指輪を落としたり汚したりする心配が少ないため、実利面に優れているという説もあるそうです。

 

また、指には10本それぞれに意味があり、

左手の薬指は「愛の絆を深める」という意味が込められているそう。

婚約指輪や結婚指輪を左手の薬指につけることで、

2人の愛情をより強いものにするという意味もあるようです。

 

そんな深い意味を知って指輪を購入したり、付けたりすると

より一層指輪やパートナーへの想いが強くなりそうですよね(*^^*)

 

指輪

 

 

 

 

 

 

 

そんなブライダルリングを購入できるお店をラファエルではご紹介させて頂いております。

気になる方はお気軽にスタッフにお尋ねください♪ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
岐阜県中津川市茄子川112-642
聖ラファエル教会 ヴィラージュ・ドゥ・ブランシェリ
☎:0573-68-7510  定休日:月・火曜日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~